fuku memo

coba015.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 31日

情報

ニュース
チルダイさんの記事にトラックバックさせていただきました。

この記事を読んで緊張しました。
「警戒するように」という情報と
「そのような情報は受けていない」という情報。
万が一のことがおきたときに
ふたつの情報が流れたとしたら・・・と考えると怖くなります。
先日起きたジャワ島の地震でも
被災された現地に住む日本の方がTVのインタビューで
「地震の後に津波が来るという間違った情報が流れて
みんながパニックになったことが怖かった。」と話していました。
「情報」がなくてもパニックになるだろうし、
「間違った情報」が流れたらそれもパニックになるのですね。

さて昨日、おとといと朝から大きな飛行機の音がするので
外へ出てみると自衛隊の前と後ろにプロペラのついた飛行機が
数台飛んでいました。
夜もまた・・・。演習なのだろうか?
こんなこと今までに無いので気になってしまう。







父の転勤で宮城に行き、その後座間市に住んでいました。
飛行機の音で電話の声は聞こえない。
テレビも聞こえない。いい加減にして!と思ったことが度々ありました。
その後「防音工事」が始まり、費用は市?県?国?が負担とのこと。
その時「日本としては、お金を出しても基地はなくさない」ということなんだなと感じました。
大和市のあたりでは歩いていると、すぐ上と思えるほどのところを
飛行機が飛んでいてボルトまで見えるのです。
それを見ると必ず鳥肌が立ちました。
当時、基地の境界の有刺鉄線の柵には上部に傾斜がついているのだけれど
その傾斜が基地ではないほうに倒れていました。
基地の脇の道路を通るとき いつも違和感を感じていました。
通常、作った側が自分の敷地の方に倒すわけだから、
この柵は日本側が作っていると言うこと???と・・・。
先日、基地の脇を通ったら、その柵の上部はYの字になっていて
どちらにも倒れていました。きっと意味があるのではないかと思います。

ただ、ただ、平和を願うばかりです。
[PR]

by coba-015 | 2006-05-31 17:01 | その他


<< 巣・・・その後      巣 >>