fuku memo

coba015.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 27日

裏磐梯へ。その3

朝から雪がちらちら。

朝食までの時間、散歩に行ってみる。
歩道と車道の間には雪の壁があるため
細長いドッグランになる。
福はダッシュを何本かすると宿の玄関まで更にダッシュで帰っていく。
なんだか一抹の不安がよぎる。

朝食は(またもや写真なし)和食でした。
とろろ。おひたし。お味噌汁(漆のお椀でいただく)。
ソーセージのソテー。レタスのサラダ。漬物。
すべて素敵な器に品良く盛られている。

ぜひまた訪れたい宿です。

_  _  _  _  _  _  _  _  _  _


お待ちかねの「スノーシュー」
ガイドさんが案内してくれます。
私たち夫婦と福だけなので少し気が楽です。
スノーシューを履いて出発。
だれも歩いていない雪山を進みます。
私達が歩いてできた道を福も進みます。

寒さに驚いたのかデジカメの電池が少しだけ復活した模様。

d0021573_1622120.jpg



「頑張れ、福ちゃん。」



結構上り坂で息があがります。
福はなぜか新雪の方へ脱線して雪の中に埋まって固まってしまいます。
はじめのうちは日差しもなく少し寒かったし、雪に埋もれるしで福が震えてきました。





d0021573_1655124.jpg

30分後にはこんな姿に。
すがるような目で私たちを見る福。
そして過保護な飼い主。



むかし雪が積もった裏山を長靴はいて探検ごっこしたなー。なんて思い出したりして・・・。


d0021573_169729.jpg

そうそう、風が吹くと、雪玉がころがったなー。






しばらく歩いて休憩。
ガイドさんが持ってきてくれた珈琲と私が持っていったミニアンドーナツで一休み。
これが美味しかったー。


d0021573_1613395.jpg

私のリュックに福を入れなおしてまた進む。
だんだん日も差してきて暖かくなってきました。





d0021573_16133897.jpg


なんと、寝てる!




暖かくなったので福も再挑戦。
ガイドさんが布製のフリスビーを貸してくれて投げてみたら
生き返ったように走っていました。
(Tシャツが濡れて余計寒かったのかもしれません。)

d0021573_16164017.jpgd0021573_1617349.jpg








最後に記念写真を撮ってもらって、お疲れ様。


d0021573_1618499.jpg




楽しかったー♪雪景色の中を歩くって爽快です。
夫は何度雪を食べたでしょう。
でも、福は「もやしっこ」なんだね。
今度は「遠慮しとく・・・。」って言われそうです。




「寒いの嫌だけど、雪は好き」 by福



おしまい。
[PR]

by coba-015 | 2008-02-27 16:30 | 福とでかける


<< おしりペンペン。      裏磐梯へ。その2 >>